蜂にさされないための予防策

蜂や蜂の巣を駆除したいとお考えなら、蜂プロテックまでお問い合わせください。豊富な経験と駆除技術力を持つ熟練スタッフが安全かつ迅速に対応いたします。日本にはミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなどの蜂が生息しています。これらの蜂に刺されるという危険性から身を守るためには、予防策について押さえておくことが大切です。

蜂に刺されないための予防策

蜂に刺されてしまった子供

巣に近寄らない

蜂に刺されないための予防策として、まずむやみに近寄らないことが挙げられます。蜂は巣に近づくものを敵と認識し、カチカチと威嚇音を発しながら周囲を飛び回ります。この威嚇を無視したり気づかずに巣に近寄ると、蜂たちは巣を守るために一斉に攻撃してきます。そのため、巣を発見しても決して近寄らず、蜂駆除のプロに連絡することが重要です。

服装

何もしていないにもかかわらず、蜂が攻撃してきたというケースは少なくありません。この場合、服装が原因となっている可能性が考えられます。蜂は黒や濃い色に対して反応し、攻撃する習性があります。黒いTシャツやズボン、靴など、蜂を刺激しそうな服装は避けましょう。また、黒い髪の毛に反応することもあるため、帽子をかぶることも予防策の一つです。

香水などのにおい

蜂に刺されるリスクを下げるなら、においにも注意が必要です。蜂はにおいや体臭などにも敏感に反応する習性を持っています。そのため、においが強い香水や化粧品、ヘアスプレー、ボディークリームなどの使用は避けましょう。また、甘いにおいのジュースや食べ物も蜂が近寄る要因のため、野外で飲食する際は十分に気をつけましょう。

もしも蜂に刺されたらどうなる?

万が一、蜂に刺されてしまうとどのような影響が生じるのでしょうか。

蜂に刺された際の症状

蜂の毒は非常に強力で刺されると患部が痛み、次第に腫れ上がっていきます。また、アナフィラキシーショックを引き起こすおそれもあります。アナフィラキシーショックとは、蜂の毒によるアレルギー反応のことです。嘔吐や呼吸困難、痙攣、めまい、顔面蒼白などの症状が現れるだけでなく、最悪の場合、死に至ってしまいます。

刺されたときの対処法

蜂に刺されてしまったときは、すぐにその場から離れて安全な場所に避難しましょう。そして、刺されたところを流水で洗い流します。針が残っている場合は、ピンセットなどで取り除きます。その後は患部を冷やしつつ、最寄りの病院を受診して適切な治療を受けてください。

蜂の駆除に関するご依頼なら蜂プロテックへ

蜂や蜂の巣を自力で駆除することはリスクがあります。安全な駆除を実践する場合、蜂駆除の専門家への依頼をぜひご検討ください。蜂プロテックは蜂の習性を正しく理解した上で駆除作業を行います。アフターフォローも万全で、駆除後の再発防止にもきちんと対応いたします。蜂による被害を防ぐなら、蜂プロテックまでお問い合わせください。

PAGE TOP