作り始めの蜂の巣に対してとるべき行動

蜂の巣は、作り始めのまだ小さい時期に対処しましょう。これがもっとも効果的な駆除方法です。この記事では、作り始め、作りかけの蜂の巣がどんな状態なのか、どうして作り始めの時期に駆除すると効果的なのか、についてご説明します。

作り始めの蜂の巣

蜂は通常、春の4~5月頃に巣作りを開始します。たとえばこの時期に自宅で蜂の巣を見つけた場合は、作り始めの巣だといえるでしょう。蜂は、この作り始めの巣であれば容易に駆除できます。その後、巣が大きくなるにつれ、駆除の難易度が上がっていきます。

最初は女王蜂しかいない

作り始めの巣はまだ小さく、せいぜい5~6cmほどの大きさしかありません。スズメバチやアシナガバチの場合は、ここには女王蜂しか存在せず、女王蜂が1匹だけで巣作りをします。この大きさの巣が、秋には巨大なものに成長するのです。ちなみに女王蜂は攻撃的ではありません。作り始めの巣はとてももろいことも特徴です。

作りかけの巣

作りかけの巣は、女王蜂ではなく、新しく羽化した働き蜂が作っている巣のことです。6月頃になると、このような作りかけの巣が目立ちだします。巣の大きさは15cm程度なので、まだ除去しやすい大きさといえますが、場所などの条件によっては、一般の方だと駆除が難しい場合も増えてきます。

働き蜂が巣を作り始めると、巣はどんどん大きくなり、気づいたときには駆除が難しい大きさになっていた…なんていうこともあるので注意が必要です。だんだん蜂の攻撃性も増していくので、蜂の巣には、とにかく、働き蜂が生まれる前の作り始めのうちに対処することが求められます。

蜂の巣の駆除方法

蜂の巣の駆除は、できるだけ小さいうちに行うのが効果的です。小さな蜂の巣を見つけたら、駆除するかどうか悩むのではなく、すぐに行動を起こしましょう。作り始めの時期に巣を見つけられたことは、幸運ともいえます。

先にご紹介したとおり、働き蜂が巣作りに参加し始めると、巣はどんどん巨大化していきます。こうなると、蜂たちも攻撃的になるため、自力での駆除は困難です。まだ小さかった春になんとかしておけば…と後悔するよりは、行動することが大切です。ここからは、蜂の巣の駆除方法について解説していきます。

作り始めの巣を駆除

ご紹介したとおり、作り始めの巣には女王蜂しかいません。あとは幼虫です。この幼虫がふ化すると働き蜂となります。この時期、女王蜂はおとなしいので、巣に近づいても威嚇程度で、実際に攻撃してくることはほとんどありません。この時期は、どちらかというと種の保存が目的であり、女王蜂にとって、自身を守り、子孫を育てることがもっとも大切なことなのです。このような理由から、作り始めの巣は比較的容易に取り除くことが可能です。

作り始めの巣の駆除には、殺虫剤(450ml以上のエアゾール)を1本と、防護服、ゴミ袋を用意します。防護服は、厚手の長袖と長ズボンの上に、厚手の合羽と重ねた軍手などで代用可能です。首などは肌が露出しやすいため、このような部分をなくすためにタオルも用意しておきましょう。

駆除は夜間に行います。ただ、作り始めの巣は明るいうちでもそれほどの危険はありません。夜間に行うのは、女王蜂の活性が落ちるからです。

まず、巣に静かに近づいて、女王蜂の存在を確認します。巣の周辺を軽く叩くと、いれば顔を出すはずです。女王蜂がいることを確認したうえで、巣から1~2m程度離れた位置からエアゾールを噴射します。重要なことは、女王蜂が巣の外に出てくるまで殺虫剤を噴射し続けることです。

その後、巣を取り除き、ゴミ袋に入れて処分します。

作りかけの巣を駆除する

作りかけの巣には、羽化した働き蜂が存在しているので、女王蜂だけの巣よりも駆除作業は厄介です。女王蜂が巣作りを始めてから1ヶ月程度すると羽化が始まるため、その後はだんだんと巣作りの役割が働き蜂へとシフトしていきます。働き蜂が増えるごとに、巣もどんどん大きくなっていき、それと同時に、外敵に対し、とても神経質になります。作りかけの巣でも、なるべく働き蜂の少ないうちに対処を始めると、比較的駆除は用意です。

殺虫剤は、作り始めの巣の駆除に使用したものと同じで構いませんが、3本程度用意してください。防護服とゴミ袋については同様です。作りかけの巣の駆除は、完全に夜間の作業になるので懐中電灯を用意しましょう。懐中電灯は、赤いセロファンを貼りつけて使用します。そのまま使用すると蜂が灯りに向かって飛んできてしまうので危険です。

駆除は太陽が沈んでから2時間程度経ってから始めます。働き蜂は昼間に狩りをしに出かけていて、日の沈む前に戻ってきます。働き蜂が巣内にいる状態で作業を始めましょう。

夜間作業なので、巣の位置は明るいうちに確認しておきます。懐中電灯を点けずに殺虫剤を巣に向けて、風上から噴射しましょう。蜂がパニックを起こし飛び回り始めますが、そのまま数分間、継続して殺虫剤を噴射してください。蜂の姿が見えなくなってからも、少しの間、殺虫剤の噴射を続けます。

その後、安全が確認できたら巣を取り除き、ゴミ袋に入れて処分します。

このように、まだ大きくなっていない蜂の巣なら、自力で駆除することも可能です。ただ、巣が作られている場所によっては、業者でないと対応が難しいので、自信がない場合は無理をせずに専門の業者に作業を依頼しましょう。

蜂の巣は駆除したあとも大事

実は、蜂の巣を駆除しても、蜂が同じ場所に戻ってきてしまうことはよくあることです。作り始めの巣で、女王蜂を駆除した場合は、新しい巣が作られる可能性は低くなります。しかし、蜂にとって条件のよい場所だと、ほかの蜂が来て巣作りを始めることもあるので気をつけましょう。自力で蜂の巣を取り除いたら、その作業を無駄にしないために、以下のことが大切です。

巣のあった場所に殺虫剤をかけておく

遠出していた働き蜂がいないとも限らないので、彼らが戻ってこないように、巣のあった場所周辺に殺虫剤をかけておきます。

蜂が戻ってこないような条件を作る

蜂は、雨風が防げ、日当たりのよい、比較的乾燥した場所を好みます。蜂の種類により、好む場所は異なりますが、何度も巣を作られるような場所は、蜂にとって居心地のよい環境といえますので、寄せつけないために対策しましょう。ときどき殺虫剤をかけておくと効果的です。特に女王蜂が巣作りを始める春前に行うとよいでしょう。

蜂たちも子孫を残すために条件のよい場所を探しています。蜂の被害を根本的に防ぐことは難しいとしても、予防的なことは自力でも十分にできると思います。蜂が戻ってこないような環境作りを普段から心がけましょう。

無理せず業者におまかせ

春、女王蜂が巣作りをしていたら、この時点で対処することで、安心して暮らせるようになります。まだ小さいからと放っておくと、夏を迎える頃には手のつけられない大きさになることもあるので、自力で対応可能な、作り始めや作りかけのこの時期に駆除しておきましょう。

ただ、無理は禁物です。女王蜂はおとなしいとはいえ、強力な毒針を持っています。刺されてしまうと腫れや痛みが長引くこともあるので絶対に避けなければなりません。蜂が好みそうな環境を作らない努力をするとともに、不安がある場合は、専門の駆除業者に作業を依頼しましょう。

PAGE TOP